メンズ美容 始め方 続かない

【習慣化】習慣のコツをメンズ美容を例に紹介します。

 
 
メイクとか身だしなみとか習慣化って難しいなぁ
 
 
なるほど。
そしたら、私が実践している習慣化の技術をメンズ美容を例に紹介します!

 

「習慣」というのは恐ろしいものです。

身につけるだけで人生すら変えることができます。

 

とは言ったものの、習慣化することは難しいですよね。

 

今回は 、「毎日、メイク、ヘアセットなどを続けることができない。」といった物事を習慣化したいけどなかなか身につかない方に向けて、メンズ美容を例に「習慣化のコツ」紹介します。

 

実を言うと、今回紹介する方法で、私は習慣化する力が劇的に身につきました。

そして、大げさに聞こえますが、私の生活は大きく変わりました。

 

この記事のポイントを理解し、方法を実践することで、習慣化する力を身に着けていきましょう!

 

習慣化ができない理由

 

残念ながら、物事を「習慣化」する人のほとんどが失敗します。

現に、私も様々なことを習慣化しようとしてことごとく失敗してきました。

 

結論から言うと、この失敗の原因は大きく分けて3つあると思っています。

  • 目標が高すぎる
  • 短期的な結果を求めてしまう
  • やる気に依存しすぎている

 

①短期的な結果を求めてしまう

 

1つ目の原因は、短期的な結果を求めてしまうことです。

なぜなら、習慣化の目的はすぐに結果を出すことではないからです。

 

「結果」ではなく「行動」に焦点を当てて、習慣化の計画しましょう。

そして、行動が習慣化された先の生活を目標として、長期的な努力をしていきましょう。

長期的な目標をきちんと建てることで、結果が出ないからと諦めてしまうことを防ぐことができます。

 

例えば、ダイエットをする場合、〇〇kg痩せることに焦点を当てて考えてしまうと、達成できているときであれば良いのですが、もしできなかった場合、モチベーションがさがってしまい断念してしまいます。

 

「結果」を短期的に達成し続けることは、努力だけでは解決できません。

行動」に着目し習慣化することで、良い結果を手に入れましょう。

 

「結果」を追うことは、習慣化には逆効果。
 

②目標が高すぎる

 

高すぎる目標を建てることも習慣化失敗の1つの原因です。

高い目標を持つことは良いことですが、習慣化をする上では、高すぎる目標が継続を諦めてしまう原因となってしまいます。

 

例えば、毎日完璧にメイクをするという目標を打ち立てたとします。

最初の頃は達成できるかもしれませんが、途中で疲れてきてしまったり、

「ほんとにこれ毎日続けられるのか…」

と考えるようになってしまいます。

 

人間は変化を本能的には嫌います。

したがって、大きすぎる変化はよほど自制心が強くない限り習慣化することが不可能なのです。

 

高すぎる目標は習慣化失敗の原因
 

③やる気に依存しすぎている

 

やる気に頼って習慣化を行おうとすることは、よほど決心が強くない限り逆効果です。

 

やる気に頼って習慣化をさせようとしてしまうと、やる気を習慣化の失敗の言い訳にしてしまったり、「どうしたらやる気が出るのだろう」と考えることがメインになってしまうからです。

 

皆さんはやる気に頼って習慣化をしようとしていませんか?

私もやる気さえあれば習慣化はできると考えていました。

しかし、逆効果でした。

やるのがめんどくさいときに、「やる気出たら始めよう」などと先延ばしにしてしまい、結果として何もしないなんて日が出てしまいました。

 

本質的には、習慣化は毎日安定したやる気を引き出すために行うのです。

冷静になって考えれば、確かにそうなのですが、気をつけなければどうしてもこの「やる気」の落とし穴に陥ってしまいます。

ですので、やる気に関わらず、動作を繰り返すことが大切です。

 

「やる気」頼りの習慣化は厳禁。
 

習慣化実現のためのポイント

 

上記の失敗の原因を踏まえて、習慣化実現のためのポイントは以下の3つであると言えます。

  • 非完璧主義
  • 目標はスモールステップで設定
  • 他の習慣と関連付ける

 

①非完璧主義

 

物事の習慣化のためには、「非完璧主義」という考え方が大切です。

なぜなら、失敗の原因の1つに述べたように、結果を求めることが返って習慣化の失敗を招いてしまうからです。

 

例えば、早起きの習慣を目指すときに、どうしても最初の頃は寝坊をしてしまいがちです。

しかし、そこで悲観して「どうせできない」なんて思ってはいけません。

 

そもそも、できないことをやろうとしているのだから、失敗してもしょうがないというマインドで取り組むのです。

完璧に達成し続けようとしていては、習慣化の壁が大きすぎて、挫折してしまいます。

 

つまり、完璧主義から脱却して、実行のプレッシャーを取り除くことで、長期的な継続が気楽に行えるようになります。

長期的な継続が習慣化につながるので、気楽にコツコツ行動しましょう。

 

習慣化のために大切なマインドセットは「非完璧主義」
 

②目標はスモールステップ

 

習慣化がしたければ、実現に向けて目標はスモールステップで立てましょう。

なぜなら、高すぎる目標は挫折の原因になってしまうからです。

 

再び早起きを例にすると、習慣化するために目標を建てる際は、いきなり1時間早く起きることから始めるのではなく、まずは10分早く起きることから始めましょう。

最初の数日は、1時間早く起床ができるのかと思いますが、途中からその生活に慣れていないため継続が難しくなってしまいます。

 

習慣化は長距離のハードル走です。

自分が長期的に乗り越えられ続ける程度の低いハードル(目標)を設定することから始めましょう。

 

目標はスモールステップで長期的に計画
 

③他の習慣と関連付ける

 

最後に、習慣化の必殺技を紹介します。

 

それは他の習慣と関連付けることです。

元の習慣が引き金となって新しい習慣が作りやすくなるからです。

 

例えば、運動を習慣づけたい方は、会社から帰宅するときに寄り道できるジムに行くことをおすすめします。

そうすることで、実行までの難易度を格段に下げることができます。

 

また、先ほどの早起きであれば、まずは時間を気にせずに、アラームが鳴ったら一回で起きる習慣を身に着けてから、起床時間を早めていくのもいいでしょう。

また、そこにルーティンを加えると効果は倍増です。

例えば、アラームが鳴ったら、起きてカーテンを開けて水を一気飲みする。

というのが、夜型で朝が弱かった私が作った起床のルーティーンです。

 

他の習慣との結びつけ、ルーティーン化することはその行動の面倒くささを軽減してくれるので、超絶オススメです。

 

習慣化のカギは「他の習慣との結びつけ」、「ルーティーン化」

 

例)メイク習慣化のためのステップ

 

では、実践編です。

以上の点を踏まえて朝メイクやヘアセットをすることを習慣化するステップを紹介します。

他のことを習慣化したい人は、抽象化して考えることで実現することができるので、美容に興味がなくも最後までご覧ください。

 

ちなみに習慣化のステップは、

  1. 鏡の前にいる習慣を身につける
  2. 気になるところだけメイクをする
  3. メイク、ヘアセットをばっちりする

のステップで行い、起床に結びつけて習慣化します。

つまり、起床→鏡に前に行く→メイク&ヘアセットのルーティーンを作り、習慣化することが目標です。

 

①鏡の前にいる習慣を身につける

 

そもそもメイクをするということは鏡の前にいることが前提となります。

私の場合は、毎朝自分の顔を鏡で確認することさえしなかったので、まずは鏡の前に行くことを習慣づけることから始めることにしました。

 

「どんなときでも起きたらすぐに鏡の前には行く」と言うのが最初の目標でした。

 

「え?それだけ?」

って感じた方も多いかと思いますが、長期的に続けることを考えるとそれぐらい小さい目標で始めるほうがいいのです。

これは何も難しいことではなかったため、毎日らくらく達成できました。

 

ちなみに、鏡の前に座るのであれば何をしてもかまいません。

私は、やる気が出ないときは自分の顔を見つめるだけでしたし、メイクやヘアメイクをする必要がない日は鏡の前に座っているだけでした。

ただし、身だしなみを整える必要がない日であっても習慣化のために鏡の前に座りましょう。

 

まずは、努力無しでできることから始める。
どのような場合でも行動を続ける。
 

②気になるところからメイクをする

 

鏡の前にいる状態から、メイクやヘアメイクを習慣化するための次の作戦は気になるところだけメイクをすることです。

 

鏡の前にいるのに、身だしなみを整えるがめんどくさくなる要因は、メイク、ヘアセットにかかる手間と時間であると思います。

私の場合もそうで、メイクを習慣づける前は朝に時間があったとしても、「ヘアセットだるい。メイクめんどい。」となってネットサーフィンしてい、結果的にメイクをしませんでした。

 

この要因を排除すべく、次の行動を取り、劇的に習慣化することができました。

それは、気になるところだけ整えるです。

 

なので、「今日は目の下のくまがひどいなあ」と思ったら、そこを隠す。

「今日は髪をビシッと決めたい!!」と思ったら、かっちりとしたヘアセットする。

 

このように、難しいことはしようとせず、その日の気分、予定に合わせて身だしなみを整えるようにしました。 

すると、鏡の前に行き、メイクやヘアセットなどの身だしなみを整えるようになり、メイクする習慣が見についてきました。

 

1つの目標が達成できたら、それより少し高いやる気に左右されない目標を建てる
 

③メイク、ヘアセットをばっちりする

 

気になるところを治す程度のメイクやヘアセットをするようになったら、後は簡単です。

その基準を少しづつ上げていきましょう。

 

「眉毛だけは絶対に書く」「ヘアセットだけは絶対にする」

などの基準を少しづつ作っていき、より高いものとしていきましょう。

 

そうしてスモールステップで目標を上げていくうちに、気づいたら毎朝身だしなみをメイク、ヘアセットなどをすることで完璧に整えるようになります。

 

スモールステップで目標を地道に積み上げ、少しづつ理想的な習慣に近づけていく。
 

まとめ

 

今回は習慣化のメゾットを解説しました。

習慣化失敗する原因以下の3つで、

  • 目標が高すぎる
  • 短期的な結果を求めてしまう
  • やる気に依存しすぎている

その原因を解決する習慣化のためのポイントは、

  • 非完璧主義
  • 目標はスモールステップで設定
  • 他の習慣と関連付ける

の3つです。

 

以上のポイントを頭に入れて、記事でも紹介したメイクの習慣化の例を参考にしながら実践することで、どんなことでも習慣化することができます。

 

この方法に行き着いてからは、私は様々なことを習慣化して、生活を一新することができたので、自分を変えたいという方は是非明日から実践してみてください。

 

以上で終わります。

習慣化の方法がわかっていても何を習慣化したら良いかわからない人のために、私が習慣として身に着けたもののうち、実践したほうが良いと感じたものを10個まとめました。

どれも超絶オススメなので、習慣化のメソッドをフル活用して全て身につけちゃいましょう。

 

最強の習慣

  皆さんは、美容や健康のための習慣ってありますか?  特にないかなぁ…。どういう習慣がいいのかなぁ?  今回は美容・健康習慣を10個紹介しますね。どれも大切な[…]

メンズ美容習慣