メンズ コンシーラー 色 タイプ

【シミ・クマ・ニキビを隠したい方へ】コンシーラーの選び方を解説します

 
 
コンシーラーの選び方がわからないなぁ
 
 
そんなお悩みにお答えすべく、コンシーラーの選び方を解説します。
コンシーラーは塗り方よりも、選び方が大切なので、ぜひこの記事で身につけて、肌の悩みを隠しちゃいましょう!!

 

今回は、ベースメイクで大切なコンシーラー選びの方法について解説していきます。

「シミを目立たなくしたい…」、「クマを隠したい…」

などのお悩みを持っている方はこ

 

また、最後にはコンシーラーを使う際にとても大切なコンシーラーの使用するタイミングについても解説しているので最後までご覧ください。

今回は男性だけでなく、女性にも参考になる記事となっております。

 

コンシーラーを選ぶ基準

 

コンシーラを選ぶ際の基準は2つあります。

「形状」と「色」です。

色によってカバーできるものが変わってきますし、形状によってカバーできる範囲などの塗やすさが変わってきます。

 

例えば、ニキビなどの肌の赤みをカバー際、その範囲が広範囲であればリキッドタイプのコンシーラーが馴染みやすくて使いやすいですし、ポイントで使いたいのであればスティックタイプのものが使いやすくなります。

また、色に関して言えば、ベージュや赤の補色であるグリーン系のものを使うことで、赤みが緩和されて目立たなくすることができます。

そのため、肌の悩みが複数ある方は、コンシーラーを数種類持っておくことをおすすめです。

 

コンシーラーを選ぶ基準は「色」と「形状」

 

 

目的別での「形状」の選び方

 

では、コンシーラーの形状別の特徴とその選び方を解説していきます。

細かく分けると様々な種類のコンシーラーが実を言うとあるのですが、今回は基本となる

 

  • リキッドタイプ
  • クリームタイプ
  • ペン・スティックタイプ

をそれぞれ解説していきます。

 

リキッドタイプ

 

肌の広い範囲の悩みに対処したいときはこのリキッドタイプがオススメです。

リキッドコンシーラーは文字通り液体状のコンシーラーで、肌のなじみがよく、かつ伸びもいいので、広い範囲のカバーをする際にオススメです。

また、この肌の馴染みの良さを活用して、目の下のクマやまぶたにも有効的に使うのも可能です。

 

クリームタイプ

 

クリープタイプはリキッドタイプのものとは対象的に、伸びが良くありません。

しかし、伸びが弱い代わりにカバー力があります。

ですので、その特徴を生かして点在するシミやほくろなどに使用することがオススメです。

 

ここで1つ注意点です。

広い範囲に塗りすぎてしまうと肌の透明感が損なわれてしまう。
前回の記事でも紹介しましたが、「透明感」はナチュラルなメイクのポイントです。
つまり、この透明感が損なわれてしまうと、メンズメイクで大切なナチュラルさがなくなってしまいます。

 

ペン・スティックタイプ

 

ペンタイプやスティックタイプのコンシーラーの魅力はスポンジなどを使わずに直接使用できる点です。

感覚的に塗りやすいのに加えて細かい作業も行える点から、細かい範囲のものから広い範囲にまで使用することができます。

一口にペンタイプと言っても、硬めのもの(油分が多い)から柔らかいもの(油分が少ない)まで様々なので、目的に合ったものを選びましょう。

 

 

以上の3種類のコンシーラーの特徴をまとめるとこうなります。

広い範囲にはリキッド系、狭い範囲にはクリーム系。
ペン・スティックタイプは感覚的に塗りやすい。

 

 

目的別での「色」の選び方

 

形状の次は「色」について解説していきます。

今回は目的別に以下のみつに焦点を当てて紹介していきます。

  • ニキビなどの肌の赤み
  • シミ、そばかす
  • クマ

 

ニキビなどの赤み

 

ニキビなどの肌の赤みを隠すにはその補色であるベージュやグリーン系のコンシーラーを使用することがオススメです。

補色の効果によって、赤みを打ち消すことができ、透明感を引き出すことができるようになります。

 

もし、補色効果を利用してもうまく隠しきれない場合は、肌の色に合ったクリームタイプのコンシーラーを重ね塗りしてみるのもオススメです。

 

ニキビなどの赤み隠しはベージュやグリーン系のコンシーラー使う。

 

シミ、そばかす

 

シミやそばかすなどは補色効果を使うのではなく、周辺の肌の色と比べて同じか、ワントーン暗めのものを使って隠してしまうことをおすすめします。

 

具体的には、濃いシミやそばかすを隠すためには自分の肌に比べて暗めのコンシーラーを、

薄いシミに対しては、肌と同じ明るさのものを使用しましょう。

 

薄めのシミやそばかすには肌に合ったコンシーラーを、
濃いめのものにはワントーン暗めのコンシーラを使う。

 

クマ

 

クマを隠す際には、その状態によって使う色が変わってきます。

結論から言うと、薄いクマにはイエロー系青いクマにはオレンジ系黒いクマには明るめのベージュ系です。

 

まずは、薄いクマについてです。

茶色い薄いクマであれば、補色などを気にせずにイエロー系のものを使って色ごと消してしまいましょう。

そうすることで、簡単にクマを目立たなくさせることができます。

 

一方で、黒や青いクマなどの濃いものであれば補色効果を利用して隠していきます。

具体的には、黒いクマの場合は、その補色である白に近い、明るめのベージュのコンシーラーを使って隠していきます。

また、青いクマに関して言えば、その補色であるオレンジのコンシーラーを使ってその色を打ち消してしまいましょう。

このような濃い色のクマは力技で消すのがやっかいなので、このように補色を活用して、隠すのが難しいクマを撃退しましょう!

薄いクマはイエローなどのコンシーラーを使って色ごと消す。
濃いクマは、補色効果で撃退。

 

コンシーラの塗るタイミング

 

最後に、コンシーラーを使うタイミングについて簡単に解説します。

結論から言うと、コンシーラーを塗るタイミングはファンデーションの種類によって決まります。

  • ファンデ前 … パウダファンデーション
  • ファンデ後 … リキッド、クッション、クリームなど

 

この順番によってナチュラルさが大きく変わってきます。

「せっかくコンシーラーで気になるところを隠せたのに不自然なメイクになった」なんてことは避けたいですよね?

この順番をきちんと抑えておきましょう。

 

ファンデーションの種類によってコンシーラーを使うタイミングが異なる。

 

まとめ

 

今回はシミ、クマ、ニキビなど肌のお悩みを隠すための必須ツールであるコンシーラーの選び方について解説しました。

まとめると、以下の3つです。

  • コンシーラーを選ぶ基準は、「形状」と「色」。
  • 用途に応じて数種類使い分ける。
  • コンシーラーを塗る際には順番に注意!!

これらの要点を抑えて、よりきれいな肌を手に入れましょう! 

 

何かご意見や書いてほしい記事のトピックがございましたらコメントいただけると幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。